今年もゴミ0! 勝ち点3!☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前々回の記事で触れた川崎フロンターレ クリーンサポーターズが、
年始めの作業を行うというので手伝ってまいりました。
こちらのグループは2008年から等々力陸上競技場で活動を開始。
土日祝日のフロンターレホームゲーム開催時、
試合終了後にスタンドに置き忘れられたゴミを拾う活動をしておられます。

等々力陸上競技場に通っている方であれば、
7番ゲートでこういうノボリを目にしたことがあるかもしれませんね。

このノボリと横断幕を塗り直すということで、
手伝える人を募集されていたのです。

僕としてはもう実に好機でしたね。
往々にして試合後は酔っ払って使いモンにならないもので…。

そんなワケで去る1月6日の午後、作業場に伺ったのです。

最初の作業はカピカピに乾いた古い塗料の剥離

前述の通り2008年に活動を始めたクリーンサポーターズ。
活動への参加を呼びかけるため2012年に横断幕を作り、
その後、2014年にノボリを加えたそうです。

「その頃のクリーンサポ内でのメールのやり取りを見ると、
布をどこで買うのか、ミシンは誰が持っているのか……など、
布もの一つ作るにも手探りで手間取っていたようです(笑)」

そう振り返るのは、代表の平尾理恵さん。
いやー!ボランティアグループらしいエピソード。
そうしたてんやわんやがまた楽しかったり(も)しますよね。

今回も横断幕だけ塗料が乾いてひび割れるという症状が出て、
上記のイレギュラーな工程が発生したようですが……(なかなか根気の要る作業でした)。
あとはもう皆さん手慣れたものです。

文字の周囲をマスキングして塗る!

 

ドライヤーで乾かす!

 

お見事。3時間ほどで仕上げてしまいました。

塗り直して鮮やかになった横断幕(左)とノボリ(右)

 

2017年のJ1初優勝を受けて☆も!

 

ま、僕はといえば皆さんの手元を覗き込みながら
おっかなびっくり作業していた次第ですが。タハハ

写真奥から間抜け面で覗き込んでいるのが筆者ツジウチ

 

作業後は2017シーズンを振り返るミーティングが開かれ、
よりスムーズな運営に向けた意見交換が行われていました。

例えばこんな話です。
彼らが清掃活動を行うのは基本的にバックスタンド〜サイドスタンドの2階席。
でも初めて活動参加してくれる人は、知らずに1階へと向かい、皆さんとはぐれてしまう可能性もある…と。
(事実一度あったそうです)
そういう事態を防ぐために、
アドバイスを求めたり与えたりしやすいような仕掛けを用意できないか。

……といった具合で、活動を年々進化させているんですねえ!

2018シーズンの活動は2月10日(土)の富士ゼロックス杯を予定しているそうです。
ゴミ袋・ゴム手袋・ゴミばさみなど、活動に必要な用具は彼らが用意しているとのこと。
作業時間は試合後、勝利のハイタッチ&万歳!が終わった頃から30〜40分。

関心ある方、フロンターレのために何かしたいという方は、
このノボリを目印に一歩踏み出してみてはいかがでしょう。

クリーンサポーターズのノボリ

等々力陸上競技場では7番ゲートの階段上が集合場所となります。

僕も今季はチョイチョイ参加してみようかな(ビールを控えめにして)。

 

川崎フロンターレクリーンサポーターズ活動ブログはコチラ!!

今回の作業に参加したメンバーで記念撮影。「リーグ連覇に向けてシャーレ揚げましょう!」ということで、手元にあった塗料皿を手に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*