多摩川またいでOne Todoroki −等々力シンポジウム③−

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
さて「『等々力をスポーツの聖地に!』に関するシンポジウム」編もひとまず最終回です。

今日は川崎フロンターレ 藁科義弘社長の特別講演「等々力でみる夢」から。

「ステージに立つとジョブズをやりたくなる」

まずはフロンターレのファン・サポーターにお馴染みのネタで笑いを取った藁科社長。相撲部屋とのコラボ、宇宙ステーションとの交信といった奇想天外な催し、また他競技との協働などざっと振り返り「フロンターレ単独で出来たことは一個もない。地域の皆さんに支えられ、一緒に積み上げてきた」と強調しました。

たしかに。

そして、その先に思い描く等々力緑地の未来像を語る訳ですが……。

へ??

多摩川を挟んで同じ地名があることは皆さんもご存じかと思います。暴れ川だった多摩川が整備され、等々力や丸子といった町が川崎市と東京都世田谷区に分かれた訳ですよね。

しかし、これがどう等々力緑地の整備と関わるのでしょう??

「この公園を発展させていくときに、この“昔の仲間”が鍵になると私は考えています」

へええ! そりゃ面白い。

そして藁科社長、お金(税金)もかかることなのでスグに出来るものではないと前置きしつつ、こんな画をドーンと。

うはあ! こりゃまた壮大な夢ですね。

「スタジアムの外についても一体化して我々は考えていきたい。我々が直接できないことも、もちろんあります。ただ例えば(公園の)運用を任されて魂を入れることはできると思います。そういうことを皆さんと相談しながら、一緒に考えていきたい」

「多摩川の向こう側の、東京側の人たちも一緒に集まってこの等々力を盛り上げることができれば、本当に素晴らしいと思います」

ははあ、これはきっと「等々力大橋」のことも念頭にあるのかなと。

非常に興味を持ちまして、後の質疑応答で僕は尋ねました。もう世田谷区の方にもこういった夢の話をしているんですよね? 感触はどうですか、と。

「まだ何にもしてません。ただ、夢って描かないと実現しませんから」

こうですよ、藁科社長ったら満面の笑みでキッパリと。

マジか……。ゼロなんですね。

いやあ、これ応援したくなっちゃったなあ。なんか出来ないかなあ。
などとニヤニヤするツジウチでした。

※「等々力大橋」についてhttps://news.minkabu.jp/articles/urn:newsml:www.kentsu.co.jp:20170512:d25c79d6bbde3adea9a25a97a694368e

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*